〜 Kemunpas 〜 情報発信基地 【中庸の道】ホームページへようこそ!

一押しの書籍

一押しの書籍




 検索・購入にお役立て下さい!



◆是非お読みいただきたい!



◆子育て支援 (*^_^*)


  • 「真っ当な日本人の育て方」、当然私も読みました。
    読んで良かったと心から思える1冊です。




◆日本国憲法


  • 『新憲法のすすめ』
    この「ごった煮」憲法は、昭和20年9月2日の降伏文書調印以後、占領下で
    起草された政府草案に、GHQの要求で更に修正が加えられ、昭和21年4月公表、
    同6月帝国議会に提出、そして早くも10月に可決されたという代物です。
    これでは国民の議論も何も、あったものではありません。未だにこの憲法を
    改正することができない日本は、果して民主国家といえるのでしょうか。
    現憲法は、制定過程以外にも、様々な欠陥と矛盾を抱え、弊害をもたらしています。
    此の本は、その問題点を具体的に述べた書籍です。
    現憲法制定の経緯、各国との比較を通じて、日本再生のために、憲法はどう
    変えなければならないのか。
    基本的な構想を「新憲法の大綱」として提示。
    憲法問題の代表的論客による、さまざまな提言をまとめた本です。
     ・主な提言者 
       西尾幹二、西部邁、長谷川三千子、佐瀬昌盛、中西輝政
     ・国会の憲法調査会報告
     ・日本国憲法
     ・大日本帝国憲法の全条文・発布の勅語 など、便利な巻末資料も充実。

  • 『こんな憲法にいつまで我慢できますか』
    身近で、具体的な話題を手掛かりに、現憲法の矛盾や問題点を平易な文章で解説します。
     ・検閲により成立過程の事実が封印された
     ・意味が通じない英文の直訳語
     ・日本の「元首」は誰?
     ・余りにありすぎる第九条の解釈
     ・援助交際も基本的人権?
     ・こんなことまで政教分離?
     ・不測の事態に対する致命的な欠陥 など、
    関心のあるテーマをひろって、どこからでも読むことができます。








    a:3425 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional